ダイアン35の効果について

ダイアン35とは?

21日間服用のダイアン35

ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つの女性ホルモンが含まれています。
現在卵胞ホルモンのようによって、大きく分けると、中用量ピルと低用量ピルの二つがあり、
ダイアン35は低容量のピルに部類されます。

 

簡単にいうと、中用量と低用量の違いは、卵胞ホルモンの量の違いですね。
中用量ピルとしてはアイピルなどがあり、アフターピルなどで使われていますね。

 

ダイアン35はてい用ピルなどで、月経の1日目から服用し、決まった時間に21日間服用し、
以後7日間は服用を停止。

 

それから、低用量ですが、アフターピルとしても、利用できますが、あくまでも性行為後6時間以内になります。

 

ダイアン35と男性

ダイアン35は避妊用のホルモンを管理するお薬。
効果として、男性ホルモン(アンドロゲン)を抑制するために、ニキビ予防や男性型多毛症(AGA)、頭髪の抜けなどの服用効果があります。

 

だからといっても、男性がダイアン35を服用しても「男性型脱毛症や頭皮の抜け毛」などの効果はありません。
男性が服用すると「男性機能を破壊」する恐れもあります。

 

しっかりと確認をしてから、女性が妊娠を防止するために服用するようにしましょう。

 

ダイアン35の成分

ダイアン35は意外にもドイツのシエーリング社(現バイエルン社)が製造しているピル。

 

成分についてですが、アンドロゲンという男性ホルモンを抑制する作用のある「酢酸シプテロン」と女性ホルモンである「エチニルエストラジオール」が含まれています。
この成分の効果で、「避妊」有効に働いてくれます。

 

副作用としても、極めて少ないですね。

  • 不正性器出血
  • 下痢
  • 便秘
  • 体重増加
  • 頭痛

 

 

次のページ『ダイアン35とニキビ』 >>

トップページへ >>