肝機能に負担をかけるおそれがある?

ダイアン35のピルを服用すると肝臓に負担をかけてしまうために服用しないほうが良いのか?たしかに、負担がかかる可能性があります。しかし、これはダイアン35だけに言えることではなく、他のピルや他の薬やサプリ、食品も同じように肝臓に負担をかけています。

 

どうしてか?
ダイアン35を服用することで、健康な人でも肝臓に負担が掛かります。これは世界中で知られていることで、食べ物をお酒など口から入ったものは食道を通り、胃を通り、朝から吸収されています。その後、肝臓に運ばれ、血液に送られていますから、どうしても負担がかかるもので、年齢が重なることも関係してきます。

 

肝臓に食べたものが含まれる毒を解読する働きがあり、この場合の読破犯罪で使われるサリンや青酸カリのような毒物だけでに限らず、お酒も薬も立派な毒素、そして食品も。肝臓はせっせと買得を始めますが、お酒をたくさんのんだり、薬を長期に服用すると、肝臓に負担をかけてしまいます。

 

なので、ダイアン35を長期間に渡り服用を続けていたら、血液に対しる吸収力が低下しやすくなり、肝臓や他の臓器にもマイナスな要素が起こる。

 

つまり、長期間にわたりダイアン35や薬を服用続けることはよろしくありません。そして、もともと肝臓に大きな病気をかかえている人にもお薦めはできません。

 

あとは、ダイアン35を服用してから毎年のように肝機能のチェックを行うようにしましょう。