女性ホルモンを整えるダイアン35

ダイアン35の効果

私が利用している「ダイアン35」は避妊だけでなく、ニキビや多毛症、生理通など様々な部分で効果を発揮してくれる。

 

ダイアン35は女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した成分が含まれいます。
卵胞ホルモンと黄体ホルモンの成分にも種類は色々とあるのですが、ダイアン35の場合は「黄体ホルモン=エチニルエストラジオール0.035mg」「卵胞ホルモン=シプロテロンアセテート2mg」となっています。

 

単純に、この成分容量が低いことで低用量ピルとなるわけです。

 

避妊とダイアン35

ダイアン35を21日間、毎日1錠を決まった時間に服用することで、排卵がとまります。ダイアン35を服用している間は、生理前の状態になるため、つまり妊娠中に近いホルモンの状態を持続するために排卵を抑えることができます。

 

さらに子宮内膜の増殖を抑える効果もあり、受精卵を着床しにくくするため、避妊効果が出てくるわけですね。しかも、ほぼ100%の確率で避妊してくれる。

 

ダイアン35を服用することで、ホルモンバランスが整うために、避妊だけでなく「生理周期、生理痛、生理時の出血量、PMS」なども軽減してくれます。

 

「ピルを服用すれば生理はこない???」っと、勘違いをしている人いますが、生理はきます(こない人もいる)。でも、ピルを服用することで決まった日に生理がくるわけです。つまり、生理周期に悩まされることはない。
それから、「排卵や子宮内膜の増殖を抑えているため」に、生理痛や生理時の出血、PMSなどを抑えることができるわけですね。

 

ニキビとダイアン35

私がダイアン35を利用している理由はニキビ対策のため。

 

ニキビの要因として、アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンが多くなることで、脂性が増えてしまい顔にニキビがブツブツとできてしまうわけです。
ニキビに悩んでいる女性は、同じく多毛症にも悩むといわれています。これも要因は同じこと。

 

そこで、ダイアン35の出番。
成分に「物質サイプロトロン酢酸塩」が配合されているために、男性ホルモンであるアンドロゲンの作用を防いで、「多毛症、ニキビ」を治してくれます。

 

私なんかは、思春期の20代前半にニキビに悩まされたため、ダイアン35を使うことでかなり軽減できています。ニキビはどうしても跡が残るため、速めのケアが大切。

 

 

次のページ『ダイアン35の副作用』 >>

トップページへ >>